MyBatis Generator の使用方法

RIPosted by

今回は Maven 経由で MyBatis を入れます。

最近の Eclipse, NetBeans, IntelliJ ならどれでも Maven はすぐ使えるはずですので、pom.xml に以下を追記しましょう。

<plugin> //ここから
<groupId>org.mybatis.generator</groupId>
<artifactId>mybatis-generator-maven-plugin</artifactId>
<version>1.3.0</version>
</plugin> //ここまで ※入れるカテゴリはpluginsの中です
これでプラグインとしてインストールされます。

generatorConfig.xml を配置する

この xml ファイルを元にして各ファイルが自動生成されますのでサンプルをもとに作りましょう。
作る場所はプロジェクトの resources 直下です。

プロジェクト名 > src > main > resources > generatorConfig.xml

 

<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″ ?>
<!DOCTYPE generatorConfiguration PUBLIC “-//mybatis.org//DTD MyBatis Generator Configuration 1.0//EN” “http://mybatis.org/dtd/mybatis-generator-config_1_0.dtd” >
<generatorConfiguration >
<classPathEntry location=”パス/mysql-connector-java-5.1.33-bin.jar”/>
// ↑ MySQLに接続するConnectorJのjarファイルを指定します
<context id=”context1″ >
<jdbcConnection driverClass=”com.mysql.jdbc.Driver” connectionURL=”jdbc:mysql://localhost:3306/car” userId=”root” password=”password” />
// ↑ ローカルのMySQLに接続するパスとDB名、それからMySQLのユーザーIDとパスを指定します
<javaModelGenerator targetPackage=”jp.cloudear.test.db” targetProject=”C:\Users\masa\Documents\NetBeansProjects\project\src\main\java\” />
<sqlMapGenerator targetPackage=”jp.cloudear.test.db” targetProject=”C:\Users\masa\Documents\NetBeansProjects\project\src\main\java\” />
<javaClientGenerator targetPackage=”jp.cloudear.test.db” targetProject=”C:\Users\masa\Documents\NetBeansProjects\project\src\main\java\” type=”XMLMAPPER” />
// ↑ 3行すべてに、MyBatisのクラスを入れたいパッケージ名と、プロジェクトのファイルパスを入れてください
<table schema=”student” tableName=”classA” >
// ↑ DB名とテーブル名を入れてください
</table>
</context>
</generatorConfiguration>

 

これで、generatorConfig.xmlを右クリックして、generatorをクリックすれば、

エンティティクラス
クエリ条件サンプルクラス
マッパークラス
マッパー設定XMLファイル

が自動生成されます。これらを使えば簡単に DBアクセスのプログラムが作れます。試しておいてください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA