Python言語

RIPosted by

Pythonは、1991年にオランダ人のGuido van Rossum氏によって開発されたプログラミング言語です。初心者にとって、非常に書きやすい言語と言われています。

例えば、ファイルに書き込みの場合

open()を使うことで、ファイルに書き込むことができます。
今回はこれを用いて「data.txt」に文字列を書き込んでみます。

open(ファイルパス, アクセスモード)

・ファイル名:アクセスしたいファイルのパス(位置)
・アクセスモード:アクセスするモード
(読み込みなら”r”、書き込みなら”w”、上書き書き込みなら”a”)

 

# -*- coding: utf-8 -*-
def main():
# ファイルを開く(書き込みモード)
f = open(“data.txt”,”w”)
text = “test data”
f.write(text)
# ファイルを閉じる
f.close()
if __name__ == “__main__”:
main()

「if __name__ == ‘__main__’:」の意味は、「直接実行された場合のみ実行し、それ以外の場合は実行しない」という意味だったのです。JavaやCよりずっと読みやすいと実感します。

Pythonは「機械学習」や「データ解析」で注目されてきている言語で、習得すると将来性が高いのではないかと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA