ホワイトハッカーになるには

RIPosted by

「ホワイトハッカー」について紹介するのですが、まずハッカーとは何かからおさらいしたいと思います。

「ハッカー」
ハッカーとはコンピュータやネットワーク知識が深い人のことを指します。その知識や技術を活用してコンピュータの問題や課題を解決することができます。ただ、その知識を悪用する人々も含まれます。

このような破壊行為をする人がいるので、ハッカーという言葉に悪いイメージを付けてしまうのです。

その一方で、破壊行為から私たちの暮らしを守る救世主が「ホワイトハッカー」と呼ばれる人々です。

ホワイトハッカーになるために,必要なスキルのまとめ

>セキュリティ
>OS
Linuxとカーネル
アセンブラ
コンピュータの仕組み
リバースエンジニアリング
>プログラミング言語
低レイヤ言語であるC/C++の理解(ただしメインの作業言語ではない)
生産性の高いメインの作業言語,例えばPython
Lisp
>情報共有
Webで発信
上手な人から技を盗む
>オープンソースへのコミット
>コードリーディング
>自動化
>性格
問題解決意識
粘り強さ
>英語
技術的な文書の読み書き
コードの読み書き
当たり前の作業言語として使いこなすこと
>数学
論理的な思考力
集合やブール代数,グラフ理論など,抽象的な構造をうまくあつかう知識
>法令・コンプライアンス

参考となるサイト

http://type.jp/et/log/article/netagent

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA