JavaScript 変数のスコープ 備忘録

TNPosted by

■変数のスコープ
●JavaScriptの変数のスコープ
○グローバルスコープ(グローバル変数):スクリプト全体で参照できる
・関数の外側で宣言した変数
・宣言を省略した変数
○ローカルスコープ(ローカル変数):特定の関数の中だけで参照できる
・関数の内側で宣言した変数
・関数の引数の変数

例)グローバル変数とローカル変数の利用例

function variableExam() {
gstr = “グローバル変数”;
var lstr = “ローカル変数”;
console.log(lstr);
}
variableExam();
console.log(gstr);

■同じスコープで同じ名前のグローバル変数とローカル変数を宣言したら?
※個人的に気になったので実験してみました。

例)関数の内側でグローバル変数を先に宣言

function variableExam() {
str = “グローバル変数?”;
var str = “ローカル変数?”;
console.log(str);
}
variableExam();
console.log(str);

結果)
ローカル変数?
str is not defined

例)関数の内側でローカル変数を先に宣言

function variableExam() {
var str = “グローバル変数?”;
str = “ローカル変数?”;
console.log(str);
}
variableExam();
console.log(str);

結果)
グローバル変数?
str is not defined

●ローカル変数は関数が呼び出されるタイミングで初期化される
●グローバル変数はページが更新されない限り値を保持し続ける

■スコープの使い分け
・原則としてローカル絵変数を使用
・グローバル変数を使った場合、複数のJavaScriptファイルを読み込んだ時に変数名が衝突する可能性がある
・グローバル変数の使用は必要最小限
・グローバル変数使用例
①複数の関数から1つの変数を使う場合
②ページが開いている間、値を保持したい場合

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA