ActiveDirectory No2

Posted by

前回は、ActiveDirectoryについて簡単に紹介しましたが、今回はActiveDirectory以前の話を行い、なぜActiveDirectoryとなったかを伝えたいと思います。

ActiveDirectoryが、Windowsサーバでの認証方式である事は前回伝えましたが、ActiveDirectory以前にも、Windows NTの世界ではNTサーバを中心とするNTドメインを構築することにより、ユーザをドメインコントローラで集中管理していました。

しかしシステムが大規模化していくにつれ、NTドメインでは不具合が現れてきました。その不具合とは、以下の様なものとなります。

・ドメイン間で階層構造が取れない

・PC名の名前空間が単一、よって別ドメインで同名のPCは同一ネットワーク上に存在できない

・基本的にLAN内で構築するのが前提のため、WANでの正常な動作が期待できない

・SAMデータベースの容量が40MB程度なので、ユーザアカウントやコンピュータアカウントが4万件程度しか登録できない

よってこの様な不具合を解消するために、ActiveDirectoryが開発されることになります。

次回は、いよいよActiveDirectoryの詳細についてお伝えしましょう

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA