サーバーとクライアント

MIPosted by

サービスを提供するための通信をする仕組みは2つあります。

  • サーバークライアント型通信
  • P2P (Peer to Peer) 型通信

  • の2つです。
    サーバークライアント型通信
    サーバークライアント型は、 サービスを提供するコンピューターをサーバーと呼び、サービスを受ける側のコンピューターをクライアントと呼ぶ通信方式です。
    ネットワークは、サーバーから放射状にクライアントにつながる形になります。

    P2P (Peer to Peer) 型通信
    P2P 型は、 全てのコンピューターがサーバーでもありクライアントでもあり、相互に通信し合います。ネットワークはメッシュ状となります。

    ということで、TCP/IP で通信を行うサーバーとクライアントを Linux のubuntuコンソールでtmuxを動かしてみました。
    tmuxとは、仮想端末ソフトと呼ばれるソフトウェアで、1 つのコンソールで、複数のコンソールを操作したり、コンソールの状態を維持したままにすることができるそうです。
    tmuxのコマンドは基本 ctrl+b からのォ〜 何かのキーです。これがややこしィ〜…
    また、複数のコンソールを作れるので、自分が今、何番のウィンドウにいるのかなど…
    GUI慣れしまっている私には、頭がグルグルします。

    Leave a Reply

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA