ディープラーニングはじめました

MOPosted by

~Chainer On Windows 環境構築編~

はいっ!
ディープラーニング関連は前回から随分間が空きましたが!

2月に念願のGPU載ってるパソコンを新調し
ディープラーニングの実践した過程をここに記録して行こうと思います!

 

おこなったこと

・○コン工房でGPU搭載パソコン購入←そこから!?
・Windows10にて、ディープラーニング開発環境構築

-Chainer3.3インストール
-MSVisualStudio2015インストール
-ChainerのExample(例のMNIST)実施

んで、結局Chainer動きましたヽ(`▽´)/yey
仕事明けやら週末やらの時間でやったことなので、2週間ほどかかっちゃってます(;´д`)

GPU搭載パソコンの購入

・ASUS X502VM

-CPU COREi7 7700
-SSD 128GB
-HDD 1TB
-MEM 8GB
-GPU GFORCE1060

CPUの多コア化が思ったほど進まない昨今、科学技術計算のためにはGPUパワーが絶対に必要だと思っており(さ、最近の3Dゲームがやりたいとか…、そんなんじゃないんだからね//)
あ、因みにASUSのゲームパッドがついて来ることは蛇足です

ここ1年位、コスパ良好なGFORCE1060が載ってるノートPCを虎視眈々狙ってて
我慢できなくて某ポイント還元10%の量販店で、15万でポチリかけたんですが…。

「やー待て待て、もうちょっとググってみてから~」

とダメ押ししてみたのが大当たりでしてw ↑のσ(゚∀゚ )オレ甜菜。
同型を某工房で11万代で購入できました~ヽ(`▽´)/yey

得られた知見:

-現金値引きが効かないなら、金利手数料無料のショッピングローンは最強
-GFORCE 1050なら値段が3万くらい下がるが、計算コア数がめっちゃ減るので個人的に魅力薄
-デカイ、速いは正義(≧∇≦)b
-もっと評価されてもいい機体だと思うんだが…なんか悪い評判あるのか?
-SSDが256G欲しいなーとか、メモリーが16G欲しいなーとかだったら15万コース(2018/01現在)

Windowsにて、ディープラーニング開発環境構築

さて、ここからが今回のメインになります。

なぜWindowsなのか。それは快適なゲーム環境を手放したくないから。
Windows環境にChainerをインストールしたいと思い下記参考に作業を行いました。
Chainerのインストール方法をわかりやすく解説|Mac・Linux・Windows | 侍エンジニア塾ブログ | プログラミング入門者向け学習情報サイト : https://www.sejuku.net/blog/42488#Windows

以下、ご期待にお応えして「躓いた祭り」な内容となっておりますw
お楽しみください。

躓いた1. GPUを使うつもりであれば「GPUに対応させよう」から読まないと、二度手間になる
対処:「GPUに対応させよう」から作業してください。

躓いた2. CuPyのインストール
対処:CuPyインストールはMSVSC++関連をインストールしてから!

躓いた3. CuPyのインストールに関連して、MSVisualStudio2015が必要

個人的にMS製品のインストールはいつも鬼門でして
今回も「VisualStudio」って見たときにイヤーな予感はしてたんですが
やっぱりジンクスが発動ヽ(`▽´)/

躓いた4. VS2015のダウンロードサイトにたどり着けない(事がある?)
対処:サイト上必死に2017を推してくるが、ガン無視して2015を探す
2017のダウンロードサイトに飛ばされることがある?
ダウンロードサイトでMSアカウントが必要
2015CommunityのEXE Japaneseをダウンロードする

躓いた5. VSインストーラで何にチェックを入れたら何がインストールされるのか、さっぱりわからない
参考サイトでは、「visual studio community 2015をインストールしておきましょう。」「インストール時VC++に必ずチェックを入れましょう」と、書かれて入るのですが、VSのインストーラー上そのような表現はされておらず、画像が乗ってれば分かりやすかったんですが…日本語不自由な僕にはちょっと…。
対処:↓VisualC++チェックオン

躓いた6. CuPyインストール時pipでUnicodeDecodeError…
対処:pipでUnicodeDecodeErrorが発生(Windows環境) – Qiita : https://qiita.com/akabei/items/da70ebf61cc413d5ff0d

躓いた7. NVToolsExtのパスが説明と違う…
対処:Program Files\NVIDIA Corporation\NvToolsExt\bin\x64
↑これ、σ(゚∀゚ )オレよく見つけたと思いません?

躓いた8. Chainer Exampleが動かない…AttributeError: ‘module’ object has no attribute ‘StandardUpdater’
対処:https://github.com/chainer/chainer/tree/v4.0.0b2/examples/mnist
上のリンクのが動くそうです。どっかのQ&Aに書いてあった。
付属のExampleが動かないとかね…てゆーかみんなコレどうしてんだ?

反省

対処に時間をかけ過ぎな気は否めませんが…。
誰か手伝って(T_T)

次回予定

ご多分に漏れずw 株価の予想でもしてみようか、と。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA