プログラミング(programming)

MIPosted by

プログラム(program)の基本(順次・分岐・反復)について

プログラミングの授業で一番初めに教わったのはアルゴリズム(algorithm)でした。
全てのプログラム(program)は、「順次処理」「分岐処理」「反復処理」の3つの処理の組み合わせで、できています。

順次処理

上から下へ順番に実行

分岐処理(if,if else, if else if,switch)

条件に当てはまる場合に実行

分岐するブロックはこの2種類です

  1. もし~なら(条件を判断して次にやることを決める)
  2. もし~なら~でなければ(条件に当てはまらない場合の処理を入れる)
    もし~なら~でなければ~でなければ(分岐処理の中に分岐処理を入れることもできる)

反復処理(for,while ,do~whileなど)

同じ処理を繰り返して実行

反復するブロックはこの3種類です

  1. ○○まで繰り返す(条件が当てはまるまで(当てはまっていない間)繰り返す)
  2. ○○回繰り返す(回数を指定して繰り返す)
  3. ずっと(ずっと繰り返す)

program(プログラム)は、この「順次処理」「分岐処理」「反復処理」のたった3つの組み合わせなのです。たった3つの組み合わせですが… ムズカシィ~…

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA