プログラミング教育

Posted by

2020年度より小学校でプログラミング教育が必須化されます。現在の大学での教育課程には、当然プログラミング教育などは含まれていません。インスタント的に研修などにて現行の教師たちに理解させる事ができるでしょうか?

多分、Basicなどのインタプリタ言語を利用してのプログラミング教育になるだろうと予想します。さらに言えば、小学生に興味を持たせるために、ロジック重視の教育では無く、画面の動きを見せるプログラミングとなるでしょう。

さて、我々の業界としては、どのような対応ができるでしょうか。実際に教壇に立っての授業は免許の関係もあるので壁は高いと思います。特に我が業界のSEが子供相手に教えられるかと言うと、これも無理がありそうです。とすると現実的には何ができるでしょうか。考えられるのは、教材の開発、教師への教育となるのではないでしょうか。

リーサコンサルティングとしても、今の時点からでも教育関係へのアプローチとヒアリングでの対応により、このチャンスに対応できるかも知れません。人材を派遣しての個別の対応よりも、教師への講習講師や教材の開発・提供は、そのパイの大きさからもかなりの事業となり得るでしょう。大手に動向が分かりませんが、本格参入していなければチャンスは有るかもしれません。

将来の業界を育てると言う大義の為にも、ここは一考に値すると言えるでしょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA