結合演算子&連結関数<VBA>

SEPosted by

複数のセルに入力された値(文字列)は、「&(アンパサンド-ampersand)」で
1つの文字列として結合することが出来ます。

合計 D E F G  H  I J

=D & E & F & G& H & I & J

(空白区切りは必要無し-見易くするために半角空白を入れているだけ)

 

関数(CONCATENATE)を使用して結合することもできます。

合計 D E F G  H  I  J

=CONCATENATE(D,E,F,G,H,I,J)

各パラメータにセルを指定すれば、その文字列が結合されて返却されます。

書式

CONCATENATE(文字列 1, [文字列 2], …)

引数

 文字列 1 必ず指定します。結合対象となる 1 つ目の文字列項目です。

 文字列 2, … 省略可能です。結合対象に追加する文字列項目です (最大 255 項目)。

各項目はコンマで区切る必要があります。

この関数では結合するセルを個別に1つ1つ指定する必要があります。

ほかの多くの関数(SUM、MAX,・・など)のように、連続するセル範囲を指定することが出来ません。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA