開発におけるチームワークについて

CBPosted by

プログラムを組む仕事は、画面に向かってひたすらコードを書く孤独な作業だと思っている人が多い。実際、自分の殻に閉じこもって作業している人でも、なんとかやっていける場合もある。しかし、システム開発というマクロ的な観点で見た場合、全員で協業して初めて完成させることが出来る。これは絶対条件。この孤独な作業から全員での協業までスムーズに全部つながってはじめてよいプロダクトを完成させることが出来る。言い換えれば、プログラマやテスタからプロジェクトマネージャまでスムーズに上から下まで、下から上まで繋げるということ。でも言うのは簡単だけれど実行するのは容易なことではない。どうすれば上手くつながっていくかよくわからない方が多いのだと思う。前回も書いたが上級者は先回りして手を打ったり手配したり、はたまたプロジェクトの外部とコミュニケーションをとったりするスキルが必要になる。もちろん今初心者だとしてもそうなるように努力しなければそうはなれないので、プロジェクト終了後などの反省、分析も必要。でもこれは時間が非常にかかる。今すぐできて即効性があり、しかも誰でも出来ることもあるのでそれを積極的にやってみるのをお勧めする。それは周囲と親密にコミュニケーションをとって、いつでも気軽に相談できるような状況を作ること、周囲への情報の発信やアンテナを広げて情報を受信すること。簡単でしょ?画面とにらめっこしてるだけじゃなくて、挨拶など含めて周りをどんどん巻き込んでいかなくちゃね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA