linux stat コマンド

TNPosted by

先週、linux のコマンドで stat コマンドなるコマンドが存在することを知ったので、備忘録としてまとめます。

【stat コマンド】

・ファイルやディレクトリの詳細情報を表示

[構文]
stat <オプション> <ファイル名または、ディレクトリ名> <ファイル名または、ディレクトリ名> …

■主なオプション

-L:指定したファイルがシンボリックリンクの場合、リンク先の詳細情報を表示

-f:指定したファイルが所属するファイルシステムの詳細情報を表示

-t:簡易表示

-c :指定した書式で表示

■書式指定コード

%n:ファイル名
%N:クォーテーションで囲まれたファイル名(シンボリックリンクの場合は参照先ファイル名)
%F:ファイルの種類
%A:パーミッション
%a:パーミッション(8進数表記)
%U:所有者のユーザー名
%u:所有者のユーザーID
%G:所有者のグループ名
%g:所有者のグループID
%s:合計サイズ(バイト単位)
%B:ブロックサイズ
%b:ファイルに割り当てられたブロック数
%o: I/O操作での最適なブロックサイズ
%m:マウントポイント
%t:メジャーデバイス番号(16進表記)
%T:マイナーデバイス番号(16進表記)
%D:デバイス番号(16進表記)
%d:デバイス番号(10進表記)
%f:rawモード(16進表記)
%i:iノード番号
%h:ハードリンク数
%x:最終アクセス日時
%X:最終アクセス日時、Epoch(UTC:1970年1月1日0時0分0秒)からの秒数
%z:最終変更日時(Modify、内容の変更)
%Z:最終変更日時、Epoch(UTC:1970年1月1日0時0分0秒)からの秒数
%y:最終状態変更日時(Change、属性などの変更)
%Y:最終状態変更日時、Epoch(UTC:1970年1月1日0時0分0秒)からの秒数

■表示内容

File:ファイル名

Size:合計サイズ

Blocks:割り当てられたブロック数

IO Block:ファイルシステムI/O操作での最適なブロックサイズ

なし:ファイルの種類

Device:デバイス番号

Inode:iノード番号

Links:ハードリンクの数

Access:パーミッション

Uid:所有者のユーザーID、ユーザー名

Gid:所有者のグループID、グループ名

Access:ファイルの最終アクセス日時

Modify:ファイルの最終修正日時

Change:ファイル情報の最終変更日時

[実行例]

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA