自動運転技術のレベル

Posted by

ENです。

車が好きなので自動運転技術について調べてみたのですが、一言に自動運転技術と言っても0~5にレベル分けがされているようです。

 

レベル0(運転自動化なし)

自分で車を運転する、自動運転の機能がついていない乗用車。
一般的な車はこのレベル0にあたります。

 

レベル1(運転支援)

ハンドル操作や加速・減速などの運転のいずれかを、車が支援してくれます。

事故が起きそうな状況を車で判断して自動でブレーキしてくれるのがレベル1に分類されます。

 

レベル2(部分自動運転化)

ハンドル操作と加速・減速などの複数の運転を、車が支援してくれます。

レベル1の機能の強化したものですね。

ここまでがドライバーが運転の主導権を握っています。

 

レベル3(条件付き自動運転)

システムが運転をしてくれる本格的な自動運転になります。

このレベルは、周りの状況を確認しながら運転をしてくれますが、まだ緊急時やシステムが扱いきれない状況ではドライバーによる対処が必要なようです。

ここまでは事故が起きた時の責任はドライバーにあります。

 

レベル4(高度自動運転)

レベル3の条件からドライバー自身による対処の必要をなくしたのがレベル4です。

高速道路など、事故が起きる原因の少ない場所でないと、まだ安定した運用ができないようです。

 

レベル5(完全自動運転)

完全にドライバーが必要なくなり、どんな状況でも自動運転ができるようにしたのがこのレベルです。

日本政府はレベル5の完全自動運転を2025年を目途に目指すとしていますが、どうなるんでしょうか。

 

長々書いてしまいましたが、自動運転技術はこんな感じにレベル分けされているようです。

普及は技術的なことはもちろん、法整備も課題になると思うので、2025年(7年後)と言わず長い目で見守っていこうと思います。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA