Gitソース管理

OSPosted by

Gitでのソース管理とは複数人で複数タスクが走っている開発の場合に必要となり、各場面で利用するブランチを用意し、masterブランチにタグを切り、管理を行う。

masterブランチ:このブランチは商用にリリースされているプログラムや各種リソースファイルを置き、リリースされたタイミングでタグを切っておく

developブランチ:このブランチは開発中のソースを管理するためにmasterブランチから派生させる(masterブランチのソースを直接改修する訳にはいかないので開発用に作るブランチ)

featureブランチ:このブランチは足の長いタスクなどでソースを管理するためにdevelopブランチから派生させる(いくつも派生させてOK)

releaseブランチ:このブランチはリリースするためのソースを管理するためにdevelopブランチから派生させる

hotfixブランチ:このブランチはリリース物にバグが発生した場合にそのバグを潰したソースを管理するためにmasterブランチから派生させる

ソースの管理が複雑にならない代わりに各ブランチは目に見えないため、見える化するための資料が必要となり、常に最新化し、風通しのよい場所に置いておく必要がある。
次回は上記ブランチを利用し、どのようにリリースするのかを書きたいと思う。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA