Gitソース管理

OSPosted by

Gitでのソース管理とは複数人で複数タスクが走っている開発の場合に必要となり、各場面で利用するブランチを用意し、masterブランチにタグを切り、管理を行う。

今回は下記ブランチを利用し、どのように商用リリースするのかを書きたいと思う。

システムに不具合(バグ)が発生した場合のリリースは、hotfixブランチを作成しバグを潰したソースをmasterブランチへマージし、試験環境で試験し商用へリリースしリリース後の動作確認を行い正常に完了したらmasterブランチにタグを切ります。

機能追加が発生した場合のリリースは、実装する機能毎にfeatureブランチを作成し実装が完了した機能をdevelopブランチにマージ、さらにdevelopブランチからreleaseブランチを作成し試験環境で試験し商用へリリース、リリース後の動作確認を行い正常に完了したらreleaseブランチをdevelopブランチとmasterブランチへマージし、masterブランチにタグを切りましょう。

正直面倒だと思う人もいるとは思いますが、複数人、複数タスクで行う開発では必要となりますので、取り入れてみてください。

<参考>
masterブランチ:このブランチは商用にリリースされているプログラムや各種リソースファイルを置き、リリースされたタイミングでタグを切っておく
developブランチ:このブランチは開発中のソースを管理するためにmasterブランチから派生させる(masterブランチのソースを直接改修する訳にはいかないので開発用に作るブランチ)
featureブランチ:このブランチは足の長いタスクなどでソースを管理するためにdevelopブランチから派生させる(いくつも派生させてOK)
releaseブランチ:このブランチはリリースするためのソースを管理するためにdevelopブランチから派生させる
hotfixブランチ:このブランチはリリース物にバグが発生した場合にそのバグを潰したソースを管理するためにmasterブランチから派生させる

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA