大声で演説しよう

Posted by

  この前、授業中先生は演説の技を教えてもらった、声帯を保護するため、肺から出した声長く続けるし、大勢の人の前で気勢も作れます…。私は小さな声で”えっ、むりらしいよ”。大声で話すことは、場所によって質の高い演説ではありませんと思いました。中国の人々は、声の習慣や生活環境のために大声で話します。歩行のスピードが良くないか悪いかのように、それは良くないか悪いものではありません。声の大きさは英国と中国のそれと比較され、中国の声は英国よりも優れています。その結果、中国語は非常に高く聞こえることがよくあります。この例は北京の方言であり、時には荒々しさに耳を傾けるほどの高さでもあります(ここでの荒さは軽蔑的ではありません)。英語は非常に低いので、同じデシベル発音、中国語は英語よりもはるかに大きいです。同様に、円の内側英語で、音の位置は、前の英国人よりもアメリカ人に頼るので、アメリカ英語、イギリス英語の音が、それはアメリカの出現、それよりも高く聞こえる「比較的多数の声を。」

 さらに、中国語を話す音量は、もともと大部分の音量よりも大きくなっています。自分の経験は、中国語の音節数が少ないこと、同音異義語が多いこと、音色の制約が多いことなどで、ほとんどの人がゆっくりと話し、大きな音量を持つことになります。特に中国のほとんどの公共の場所では、騒々しいです。そのため、音量を上げることは、自分自身を聞いて理解する鍵です。時間が経つと、みんなの声は大きくなって大きくなり、彼らは徐々に機会の重要性を無視します。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA