消化仕入取引

OSPosted by

消化仕入取引とは、小売業者の店舗に陳列する商品の所有権をメーカーなどが保持したまま、小売業者の店舗で売上が上がると同時に仕入として計上される取引形態のこととなります。これは百貨店などのように、多種多様な商品を豊富に品揃えする必要がある場合に有効な取引形態となり、実際にはメーカーなどに対しテナントとして商品売買契約を締結し、商品が顧客へ販売されると同時に店舗側がテナント側から商品を仕入れるという仕組みになります。

一般に消化仕入取引は、小売業者側からすると在庫を抱えずに商売ができる一方で、メーカー側などが在庫を抱えることになるので、その分小売業者側に有利に働くため、小売業者側の販売利益率は通常の買取仕入取引と比べて低くなるようです。

サブスクリプションなどもそうですが、消費者に売りやすく、メーカーや小売業者にも優しい販売の仕組みを利用して事業を拡大するのはいかがでしょうか。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA