Amazon Relational Database Service (RDS)

OSPosted by

Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)とは、クラウド上でリレーショナルデータベースを簡単にセットアップ、運用、拡張することのできるウェブサービスです。Amazon RDSはマネージド型リレーショナルデータベースとして、データベースエンジンを Amazon Aurora、MySQL、MariaDB、Oracle、Microsoft SQL Server、およびPostgreSQLから選択ができます。ですので、既存のデータベースで現在すでに使用しているコード、アプリケーション、およびツールを Amazon RDSで使用できます。Amazon RDSはプロビジョニング、パッチの適用、バックアップ、リカバリ、障害検知、リペアなど、データベースのあらゆるルーティンタスクを処理する事が可能となります。
Amazon RDSはレプリケーションが簡単に使用できるため、本番稼働時の可用性と信頼性が上がります。また、マルチAZ(アベイラビリティーゾーン)配置オプションを使用することにより、ミッションクリティカルな業務への可用性が高もまります。また、プライマリデータベースから、同期レプリケートされたセカンダリデータベースに自動的にフェイルオーバーできます。リードレプリカを使うと、読み込み負荷の高いデータベースワークロードに単一データベースデプロイメントの能力が対応しきれない場合に、スケールアウトできます。
リードレプリカとは、特定のソース DB インスタンスのレプリカを作成して、複数のデータコピーからアプリケーションの大容量の読み取りトラフィックをサポートし、全体の読み取りスループットを増やすことができます。必要な場合は、リードレプリカをスタンドアロンの DB インスタンスに昇格させることもできます。リードレプリカは Amazon RDS for MySQL、MariaDB、PostgreSQL、および Amazon Aurora で利用する事ができます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA