AWS SDK

OSPosted by

Amazon Web Services(AWS) SDKとは、アプリケーションのソースコードの安全な保存とバージョンコントロール、構築、テスト、AWS またはご自分のオンプレミス環境へのデプロイの自動化を行なえる開発者用ツールとなります。以下の4種類からなり、開発を手助けしてくれます。

AWS CodeCommit
AWS CodeCommitは、完全マネージド型ソースコントロールサービスで、安全で非常にスケーラブルなプライベート Gitリポジトリを簡単に構築できます。CodeCommit によって、独自のリポジトリツールを稼働させる必要がなくなります。CodeCommitを使用してソースコードからバイナリリソースまであらゆるものを安全に保存、管理できます。また、CodeCommitは既存の Gitツールとシームレスに連携します。

AWS CodePipeline
AWS CodePipelineは継続的統合と継続的デリバリーのためのサービスで、アプリケーションとインフラストラクチャを短時間かつ信頼性の高い方法でアップデートできます。CodePipelineでは、コード変更があるたびに、定義されたリリースプロセスモデルに基づいてコードを構築、テスト、デプロイします。これにより、機能と更新を迅速かつ信頼性の高い方法で配信できます。GitHubなどの一般的なサードパーティサービス向けに事前に構築されたプラグインを使用するか、カスタムプラグインをリリースプロセスの任意の段階に組み込むことで、エンドツーエンドのソリューションを簡単に構築できます。

AWS CodeBuild
AWS CodeBuildは、完全マネージド型のビルドサービスです。ソースコードをコンパイルし、テストを実行し、デプロイできるようにソフトウェアパッケージを作成できます。CodeBuildにより、ビルドサーバーのプロビジョニング、管理、スケーリングが不要になります。CodeBuildでは、スケーリングが継続的に行われ、複数のビルドが同時に実行されます。ビルドの実行までキューで待つ必要はありません。パッケージ済みのビルド環境で、すぐに開始できます。自分のビルドツールを使用するために、カスタムビルド環境を作成することもできます。

AWS CodeDeploy
AWS CodeDeployは、Amazon EC2インスタンス、およびオンプレミスで稼働するインスタンスを含む、さまざまなインスタンスへのコードのデプロイを自動化するサービスです。AWS CodeDeployを使用すると、お客様はアプリケーションの複雑なアップデート処理、アプリケーションのデプロイ中のダウンタイムの回避、新規機能の迅速なリリースが容易になります。AWS CodeDeployを使用すると、ソフトウェアのデプロイを自動化して、エラーを起こしやすい手動操作を排除できます。また、このサービスはインフラストラクチャに応じてスケールするため、1 つのインスタンスへのデプロイや、数千のインスタンスへのデプロイも容易に行うことができます。

このAWS CodeDeployは相当効果ありそうですね。構成管理ツールは自前なのか、裏に何か走っているのか気になりますね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA