Amazon Machine Image (AMI)

OSPosted by

Amazon Machine Image (AMI)とは、ソフトウェア構成 (オペレーティングシステム、アプリケーションサーバ、アプリケーションなど) を記録したテンプレートとなり、AMIからクラウドで仮想サーバーとして実行される AMIのコピーであるインスタンスを起動して利用するようです。実行時には、起動許可 (AMIを使用してインスタンスを起動する権限を特定の AWSアカウントに与える)や、インスタンスの起動時にはインスタンスをどのボリュームで利用するかを指定するブロックデバイスマッピングを設定することもできるようです。
Amazon Web Services (AWS)は、一般的に利用するための共通のソフトウェア設定を含む多くの AMIをデフォルトとして公開しています。加えて、AWS開発者コミュニティのメンバーによって作成された、独自のカスタム AMIもあります。自身でカスタム AMIを作成することもでき、販売することも出来ます。必要なものがすべて含まれた新しいインスタンスを、すばやく簡単に起動できるようになるので、たとえば、ウェブサイトまたはウェブサービスを用意しようとする場合、AMIに含めるものとしては、ウェブサーバー、関連する静的コンテンツ、動的ページ用のプログラムなどが考えられます。この自作した AMIのインスタンスを AMIから起動すると、ウェブサーバーが起動し、アプリケーションは常にリクエストを受け付け可能な状態になります。
また、すべての AMIは次のいずれかに分類されます。Amazon EBS-backed (AMIからインスタンスを起動するときのルートデバイスは Amazon EBSボリューム)および、Instance-store backed(AMIからインスタンスを起動するときのルートデバイスは、Amazon S3に格納されているテンプレートから作成されたインスタンスストアボリューム)
AMIの説明に、ルートデバイスのタイプ (ebs または instance store) が明記されていますが、この情報がなぜ重要かというと AMIのタイプによって実行できる機能が大きく異なるからです。違いについての詳細は ルートデバイスのストレージとして次回説明します。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA