JCL

OSPosted by

JCLとはJob Control Language の略で、メインフレームのOS上で動作し、何らかの機能を実行する際には必ず必要となる言語である。

バッチ処理の実行やサブシステムの起動などを指示するプログラムを作成し実行することができ、起動するジョブや起動時のオプションを指定し、使用する入出力装置や使用可能なメモリや記憶容量の割り当てなどをジョブステップとして記述する。

UNIX・LINUX系OSではシェルスクリプト(B・C・K)、WindowsOSではバッチファイル(.bat)やPowerShellがJCLに近いですが、性質としては違うものとなります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA