DCL とTCL の理解

SEPosted by

DCL

DCLは、GRANTなどのコマンドを含むデータ制御言語の略称であり、主にデータベースシステムの権限、権限およびその他の制御に関係しています。

  • GRANT – ユーザーがデータベースにアクセスできるようにする
  • REVOKE – GRANTコマンドを使用して与えられたユーザーのアクセス特権を引き出す

TCL

TCLは、データベース内のトランザクションを処理するTransaction Control Languageの略称です。

  • COMMIT – トランザクションをコミットする
  • ロールバック – エラーが発生した場合のトランザクションのロールバック
  • SAVEPOINT – グループ内のポイントを作るトランザクションをロールバックする
  • SET TRANSACTION – トランザクションの特性を指定する

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA