システムの環境

OSPosted by

システムの環境

システムの環境とは、商用としてユーザが利用する環境、商用利用するために商用環境に酷似した事前に試験をするための開発者が利用する検証環境、さらには個別に各開発者が持っている開発PCでの開発や試験を行う開発環境などが代表例として存在します。

なぜ分かれているのか?

例えば商用利用している環境で試験を行うと、商用のデータと試験のデータがDBなどに混在してしまいますし、改修したプログラムを試験するのにDBの構造が変わったり、システムに何かデプロイが発生するなど、開発時はシステムを停止することが必要になりますが、商用環境は停止することができないので、環境が分かれています。

なぜ検証環境があるのか?

・商用利用の前に検証環境で何かが起こったら報告し、指示を仰ぐため
・商用環境は完璧な作業が求められるため
・商用環境は失敗できないため
・商用環境の作業を行う際は情報をしっかりと集め、作業の前までに事前に情報を全て用意しておくため
・作業を始める前には必ず作業の開始をリーダーに報告するなど商用作業のリハーサルをするため

経験の浅い人はそもそも商用環境を触らせてもらえないかもしれません。
商用作業の怖さ、開発の難しさなど早めに体験できているといいですね。
また、商用作業を行う際は良い準備をし、気を引き締めて常にリーダなどに状況確認報告をするようにしましょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA