watch コマンド

KWPosted by

watch コマンド

Linux には watch という便利なコマンドがあります。

ディレクトリにファイルが書きだされるのを待ってるときに よく ls コマンドを連打するのですが watch コマンドを使えば、それを代わりにやってくれます。

$ watch ls -l /tmp

これで、(デフォルトの)2秒間隔で結果を表示してくれます。

間隔を変更するときは “-n” オプションです。

$ watch -n 5 ls -l /tmp

これで 5秒間隔になります。

“-d” オプションで、変更箇所をハイライトすることもできます。

$ watch -d ls -l /tmp

ただし、次の更新タイミングでハイライトが消えてしまうので ハイライトを残したい場合は “-d” オプションに 更に “=cumulative”を付けます。

$ watch -d=cumulative ls -l /tmp

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA