RPAの照会

Posted by

最近話題になっている「RPA」についての簡単な照会となります。

RPAとは、Robotic Process Automationの略称で、認知技術を活用したホワイトカラー業務の自動化の事です。仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われているそうです。

RPAは、通常のアプリケーションを識別し、人間の操作を再現する事ができるソフトウェアと言う事となります。RPAの目指すところは、IT部門で作成するプログラミングベースの自動化ではなく、業務部門の人々がいつもの操作で構築可能な自動化です。

RPAがもたらすものは、大きく「業務自動化範囲の拡大」「リソースの効率的な配置」「業務ソーシングの変化」と言われています。「業務自動化範囲の拡大」「業務ソーシングの変化」は改めて説明することも無いとは思いますが、「リソースの効率的な配置」とはどう言う事でしょうか。業務のオペレーションが自動化される事により、人間でしか行えない業務の改善に取り組める時間が増えると言う事です。

RPAは昔から言われてきた通り、コンピュータが人間から仕事を奪うだけのものとなるか、より生産的・創造的な仕事を産み出すためのツールとなるか。今までの経験則通り時間だけがその回答を示すかもしれません。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA