EDIについて

OSPosted by

EDIとはElectronic Data Interchange(電子データ交換)の略で標準プロトコルに基づいて、発注書や納品書、請求書といったドキュメントを異なる組織・会社間で通信回線を介しコンピュータ間で交換することとなります。また、企業内外とのやりとりを効率よく行なうための基盤となります。

以前はやりとりを行う企業内外で独自のフォーマットでデータが流れていたが、鉄鋼EDI標準や流通ビジネスメッセージ標準(流通BMS)、物流EDI標準JTRNなどが規定されることで標準化されたデータを元にシステムが組まれるようになっている。(もちろん現在でも独自フォーマットでデータを流すことも有りますがEDIの基盤上でやり取りしているのでEDIと言えるでしょう)

また、通信ですが、専用線やなどに代わりインターネットを利用する「Web-EDI」も広がっており、専用線に比べ回線コストを削減できるほか、XMLなどを利用しデータ項目を柔軟に変更することが可能となっています。

EDIを利用すると異なる企業間でネットワークを介し電子的なデータを利用したやり取りが行なえるということになります。これは便利ですね!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA