CRUD

MIPosted by

ソフトウェアは、実際に作ってみると実用に耐えなかったということがよくあるそうです。
その原因の一つに要件を定義する際の要件漏れであることがよくあります。
要件を考えるときに、要件に抜け漏れがないかをチェックすることがとても重要なのです。

要件漏れが無いかチェックするためにCRUDという概念があります。
CRUDはクラッドと呼び、ソフトウェアが情報の永続化をしようとした時に出てくる操作の、
・Create (生成)
・Read (読み取り)
・Update (更新)
・Delete (削除)

の頭文字を取ったものです。
ソフトウェアの要件をチェックするときに、必ずこれらの機能に漏れがないか、これでよいのかをチェックすることが重要です。

更にこのCRUD操作に要件漏れがないかチェックする方法があります。
それは、オブジェクトのライフサイクルのチェックです。
オブジェクトのライフサイクルとは、一連の処理とデータのまとまり(=オブジェクト)がどのように生成されて、どのように状態変更されて、どのように削除されるのかの様子を表したものです。

ソフトウェアを実用化する上で要件定義とはとても重要ですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA