IPアドレスの話し

Posted by

知ってる人にとっては、どうでも良い投稿です。

ネットワーク初心者向けのIPアドレスの話しとなります。

日頃より良く目にするIPアドレスですが、内容をきちんと把握してますか?インターネットにおいて、ネットワークに接続される機器を判別する為にIPアドレスと言うものが使用されています。「000.000.000.000」から「255.255.255.255」までの4つの数字の組み合わせで表されています。さらにこのIPアドレスは5つのクラスに分けられています。

1.「224.000.000.000」から「239.255.255.255」までがクラスDとしてIPマルチキャスト専用に割り当てられています。

2.「000.000.000.000」から「127.255.255.255」までがクラスAで、最上位ビットが0であり、続く7ビットがネットワーク部、残り24ビットがホスト部。よってネットワーク内に最大で1677万7216のホストを接続できますが、ネットワークとしては126個となります。

3.「128.000.000.000」から「191.255.255.255」までがクラスBで、上位の2ビットが10に設定され、次の14ビットがネットワーク部、残り16ビットがホスト部。よってクラスAと同様の計算で、6万5534のホストと1万6384個のネットワークが設定できます。

4.「192.000.000.000」から「223.255.255.255」までがクラスCで、上位の3ビットが110に設定され、次の21ビットがネットワーク部、残りの8ビットがホスト部。よって256のホストと209万7152個のネットワークが設定できます。

さらにプライベートIPアドレスとして、クラスAは「010.000.000.000」から「010.255.255.255」、クラスBは「172.016.000.000」から「172.031.255.255」、クラスCは「192.168.000.000」から「192.168.255.255」までが予約されています。家庭用のルータなどで良く初期値として使用されているのが「192.168.001.001」となります。

プライベートIPアドレスに対するモノとしては、グローバルIPアドレスが有ります。ルータが外部と接続する時に使用されるアドレスでこれは世界中で唯一のアドレスとなります。家庭で使用するルータには、契約したプロバイダが持っているグローバルIPアドレスから一つが割り振られて、インターネットに接続されます。家庭用ルータでは通常クラスCが使用され、上記で説明した範囲内でパソコンなどがルータ経由でインターネットと繋がると言うことです。

非常に簡単な説明ですが、ネットワーク世界の理解の糸口となったでしょうか。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA