Reactorの練習がてら位置情報取得アプリっぽいの作った

OYPosted by

こんにちは。OYです。

タイトルは位置情報アプリ作ったみたいに書いてあるけど実際には疑似デバイスクラスから簡易位置情報をランダムに四方動作させてるのを取得しているだけです。あっこら棒で叩かないで。
Android持ってればその辺搭載されてるから取得できたりするんだけど持ってないんだなこれが。iPhone用アプリだとSwift勉強しなきゃいけないし。

まあラズパイかTinkerBoardのgpioとかにGPS付けてそこから取得するなりすればなんか作れるだろうけどね。
あとはGPS付きのドローンとかあるならそれでもいけそう。

後述するソースコードの簡単な説明

・JavaFXのCanvasに現在地情報を点で表示するようになってるよ
・Reactor-CoreのFlux.intervalを利用して1秒毎にデバイスの位置情報を取得しているよ
・TestDeviceは生成された時点から独立して自己の位置情報を更新し続けるよ

マーブルダイアグラムはこんな感じ

以下がソースコードです(fxmlファイルは省略)

 

おいGistくん、tabのインデントを自動的に8にするのやめろや。(コード見づらくなる)

実行結果の画像はまあ載せません。(GIF作らないと動きが分かりにくいし)
気になるならサンプルコードをベースに自分で作って。

自分はこだわらないから殺風景だけど、もし作るならなんかしらの地図の画像とか背景にすると少しは映えると思う。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA