DDL< Data Definition Language>

SEPosted by

DDLはデータ定義言語であり、データ構造を定義するために使用されます。

たとえば、SQLで、それは以下のような手順になり

create table、alter table…

DDLは、データベースのスキーマと説明を扱うデータ定義言語の短い名前で、データをデータベースに格納する方法を示します。

CREATE – (テーブル、インデックス、ビュー、ストアプロシージャ、ファンクション、トリガ)のようなデータベースとそのオブジェクトを作成する
ALTER – 既存のデータベースの構造を変更する
DROP – データベースからオブジェクトを削除する
TRUNCATE – テーブルからすべてのレコードを削除します。レコードに割り当てられたすべてのスペースも削除されます。
コメント – データ辞書にコメントを追加する
RENAME – オブジェクトの名前を変更する

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA