DML <Data Manipulation Language>

SEPosted by

DMLはデータ操作言語であり、データ自体を操作するために使用されます。

たとえば、SQLで、それは次のような説明になり

insert、update、delete、.

DMLは、データ操作を扱うデータ操作言語の略称であり、SELECT、INSERT、UPDATE、DELETEなどの最も一般的なSQL文を含み、データベース内のデータの格納、変更、検索、削除および更新に使用されます。

SELECT – データベースからデータを取得する
INSERT – テーブルにデータを挿入する
UPDATE – テーブル内の既存のデータを更新する
DELETE – データベーステーブルからすべてのレコードを削除する
MERGE – UPSERT操作(挿入または更新)
CALL – PL / SQLまたはJavaサブプログラムをコールする
EXPLAIN PLAN – データ・アクセス・パスの解釈
LOCK TABLE – 並行性制御

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA