美しいコード

RIPosted by

現場に入って、ソフトウェア開発において、プログラムを動かせるために答えが決して一つではないと改めて感じています。
効率的できれいなコード、非効率で無駄の多いコードと、
最終的に同じ動作をさせるにしてもPGによって成果や評価が違います。

練習や試行錯誤しながらプログラミングを今までと違った角度からのアプローチで取り組んで行き「美しいコード」を書けるように常に意識することで更に成長できると感じました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA